ドライマウスのページです。

ドライマウス

ドライマウスとは、日本語では口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)といいます。病名ではありませんが、自覚症状としての口が乾いた感じや、他覚所見としての乾燥している状態を表しています。

目が乾燥するドライアイというものがありますが、それが口に変わったと言えば分かりやすいかと思います。現在ドライマウスになっている方というのは日本で800万人もいるようです。その中でも特に女性がよくなる症状になります。

症状としては唾液が少なくなるために口の中がネバついたり、粘膜が傷つきやすくなり、会話や食事がしづらくなることです。唾液は口の中の汚れを洗い流す作用があります。

そのため、唾液の分泌量がなくなることによって口の中の状態が悪くなるので、虫歯・歯周病口内炎が起こりやすくなるだけでなく、カンジダ真菌が増殖しやすくなり、様々な不快症状の原因となります。

ドライマウスのなる原因はストレスや不規則な生活です。薬の副作用で起こることもあります。口の渇きなどの症状がある方はドライマウスの可能性もありますので、注意してください。気になる場合は病院で診察してもらいましょう。

ドライマウスの治療方法は生活指導が中心になります。栄養バランスのいい食事をきちんと摂って、食べる時によく噛むということが大切になります。

また口の中を清潔に保つためにはブラッシングが欠かせないので、歯磨きも丁寧にきちんと行うようにしましょう。口の中の粘膜保護が必要になるので保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、夜間の乾燥を防ぐ保湿用マウスピースなど、症状に応じて処方してもらいます。

口角炎の原因