その他のページです。

その他

口角炎に何度もなった経験のある方もいらっしゃるかと思います。治ったと思ったらまた口角炎になってしまった…つまり慢性化しているということです。

慢性化してしまった場合は、何が原因で口角炎ができるのかということを考える必要があります。根本的な原因が分からなければ対策も出来ません。

しかし口角炎は様々な要因が考えられるために、なかなか原因を特定できません。一般的に考えられるのはビタミン不足になりますが、これも色々な原因が重なりあってのものによります。

健康的な食生活な場合は勿論ですが、それ以外の場合はウィルスの感染が考えられます。その他にも鉄欠乏症貧血、ステロイド剤又は抗生物質の長期投与、糖尿病、悪性腫瘍の治療の抗癌剤、放射線照写、悪性腫瘍の末期、消化器系疾患、アトピー性皮膚炎などがあります。

再発が多くビタミン摂取、生活改善を試たが効果が表れないという場合は上記が原因であるのかもしれませんので、一度病院で診察してもらう事をお勧めします。また口角炎というのはヘルペス性のものを除いては、うつる心配はほとんどありません。

親しい人や親子感などでは、食べ物を口移しで食べるということもあると思います。しかし口移しをすることで菌がうつる可能性もありますので、口移しはあまりお勧めできません。

外の菌からも守るということが大切になりますので、食事を作るときなども注意する必要があります。とにかく清潔にすることが大切になりますので、気を付けるようにしてください。

口角炎の原因

ナースサンダル
ナースサンダルならe-UNIFORMで購入しましょう