口唇炎のページです。

口唇炎

口唇炎とは、唇が全体に渡って腫れや爛れ等を起こす皮膚炎です。症状は唇が腫れたり、びらん、落屑、潰瘍を示すことが多くみられます。

日光に当たったり寒風にさらされたり、外傷、薬や化粧品、歯磨き剤、食べ物などのアレルギー、ビタミンB2の不足、それから高熱などが挙げられます。このように口唇炎になる原因は様々ですが、その99%はアトピー性の口唇炎または接触性口唇炎だと考えられています。

口唇の乾燥、亀裂、皮めくれなどが主な症状となり、口唇周囲の皮膚もカサカサすることが多いです。その他に、口唇またはその周囲に色素沈着をみることもあります。

しかし、新生児の場合は離乳食が入っているよだれの刺激が原因になったり、小児だと唇を何度も舐めたりすることによって口唇炎の症状が起こることがあります。ですがアトピー性の口唇炎の場合は、特に冬場の乾燥に気を付ける必要があります。

唇が乾燥しないように口を舐めないように気を付けて、室内の乾燥も防ぐ必要があります。荒れている口唇に細菌感染を起こすこともあります。

治療方法は原因によって変わりますが、患部の治療には非ステロイド系の塗り薬やステロイド軟膏を用います。口唇炎の場合は原則的にはステロイドは使用しません。しかしアレルギーが原因で腫れがひどい場合には、抗ヒスタミン剤やステロイド剤を服用する場合があります。

ステロイドを使用する場合は医師の指示に従って、長期に渡る使用は控えるようにしましょう。ヘルペスが原因となっている場合は、抗ウイルス薬などを使うこともあります。

etc.