口内炎のページです。

口内炎

口内炎とは、口の中の粘膜に発症する炎症のことです。頬の内側や舌の縁、唇の裏側などに1個あるいは数個の小さい水疱や潰瘍などができます。

触ると痛みがあったり、ただれて赤くなったりすることもあります。食事をした時にのみしみて痛い場合や、激痛が走って集中力が低下して仕事が手につかないこともあるので、その症状は様々です。口内炎は起こり方や症状によって様々な種類に分けることが出来ます。

頬やくちびるの内側、舌の縁などを噛んでしまったり、とがった食べ物で口の中や歯肉を傷つけたりして起きるものを「カタル性口内炎」、表面が白く、周囲が赤い潰瘍になる一般的なものが「アフタ性口内炎」、ヘルペスウイルスなどが原因でなるものを「ウイルス性口内炎」、カビの一種であるカンジダ菌の増殖によって出きるものを「口腔カンジダ症」と言います。

この他にも、アレルギー性の口内炎などがあります。口内炎になる原因は唇の内側などをかんでしまったり、辛い食べ物の刺激でできたりなど様々あります。風邪などをひいていて、免疫力が低下しているときなども出来やすいと言われていますし、ビタミン不足やストレスなども口内炎の原因になります。

ほとんどの場合は、そのまま放っておいても10日くらいで治ります。しかし再発することも覆うので、治ってもしばらく様子を見るようにしましょう。

痛みがあまりにもひどい時やなかなか治らないときなどは、その他に病気が隠れていることもあるので病院で診察するようにしてください。

etc.