口角炎の治療のページです。

口角炎の治療

口角炎になった場合は生活習慣を見直す必要がありますが、突然生活を変えるというのは難しいですし、痛みで食事をするのも辛くなったりしますので治療には薬が用いられます。

口角炎の薬にはビタミン不足であればビタミン剤、カンジダや細菌による口角炎の場合は抗生物質や抗真菌外用(軟膏)が効果的です。口角炎の症状が軽ければ、市販されている口角炎の治療軟膏などで治すことができます。

ただし、軟膏の場合は長期に渡って無理続けると逆に物理的な刺激により悪化させたりしますので、用法・用量を守って使用しましょう。薬を塗るようになっても、口の中を清潔に保つということは忘れないようにしてください。

その間も辛いものや酸っぱいものなど、刺激物となる食事は避けるようにしましょう。このようなことに注意しながら薬を塗ると、数週間で口角炎は完治します。ですが口角炎は再発することが多々ありますので、治ってからも気を付ける必要があります。

まずは、なぜ口角炎になったのか原因を考えるようにしてください。そして規則正しい生活を続けて、ビタミンもよく摂るようにしましょう。

市販のビタミン剤を飲むことでもビタミン不足を補うのに効果的といえます。なかでも効果的なのはビタミンA、B群、Cです。出来れば始めの頃は頃炎症を抑えて、粘膜を守る働きのあるビタミンB2を摂るようにしましょう。

炎症がひどくなって痛むときは、傷を治す作用のあるビタミンCが重要になります。また口角炎を繰り返さないためには、抵抗力をつけるのに役立つビタミンAを含む食品を積極的に摂るよう心がけましょう。

口角炎の治療・対策