酪酸リボフラビンのページです。

酪酸リボフラビン

酪酸リボフラビンは水溶性ビタミンB2です。ビタミンB2欠乏症による口角炎、舌炎などの予防及び治療に用いられ、その他にもコレステロール上昇抑制作用を持ちます。

ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質などの代謝に広く関与し、コレステロールの増加を抑えたり、皮膚や粘膜の機能を保つためにも重要な物質です。不足すると口角炎などになったり、皮膚がカサカサするようになったりします。

ビタミンは徐々に吸収されて薬効を現し、高コレステロール血症、ビタミンB2の欠乏または代謝障害による口角炎、口唇炎、脂漏性湿疹、結膜炎、角膜炎などを改善に効果を発揮します。酪酸リボフラビンはビタミンB2なので、この薬を用いることで不足しているビタミンを補うことが出来ます。

そのため口角炎、湿疹などに用いると効果的です。食事からビタミンB2が十分に出来ない場合に用いられることが多いです。

成人の場合は1日5〜20ミリを2〜3回に分けて服用することになりますが、高コレステロール血症の場合は成人1日に60〜120ミリを飲むことになります。

ビタミンB郡は水溶性のビタミンになるので、尿から簡単に排出されます。副作用としては、稀に胃の不快感や下痢などが挙げられますが、酪酸リボフラビンには副作用がほとんどありません。

万一飲みすぎてしまった場合でもすぐに排出されることになるので、影響はありません。強い作用は期待出来ませんが、安心して飲むことの出来る薬になります。

口角炎の薬(ビタミン剤)

事務服 オーバーブラウス
事務服のオーバーブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

三軒茶屋の歯医者
インプラント・ホワイトニング・抜歯・差し歯なら『コイズミデンタルオフィス』