リボフラビンのページです。

リボフラビン

リボフラビンとはビタミンB2とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質です。ヘテロ環状イソアロキサジン環に糖アルコールのリビトールが結合したもので、かつては成長因子として知られていたことからビタミンGと呼ばれたこともあります。

リボフラビンは血流中に小腸の壁から吸収されます。リボフラビンはエネルギーを代謝させて成長を促進します。炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝には必要不可欠なものとなります。

体を構成する細胞の新陳代謝を助けているのがビタミンB2で、健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長を促します。不足するとまず□内や唇、舌、目などの粘膜部分に症状が表れます。□内炎や口角炎、舌炎、目が充血してゴロゴロするなどが主な症状です。

こられの症状がある方は、リボフラビンを摂取することが必要とされます。またビタミンB2は体内に蓄積することができないので、毎日摂取する必要があります。肌荒れや吹き出物、髪のパサツキが気になる人は、ビタミンB2不足が原因と考えられるので積極的に摂取するようにしましょう。

食べ物ではレバー、魚介類、ナッツ類、牛乳などによく含まれています。ビタミンB2は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取した場合は体外に排泄されます。必要以上に取りすぎた場合でも体に取り込まれずに尿として排出されます。そのため副作用の心配はありません。

過剰症の心配もありませんが大量に摂った場合、下痢や多尿などが起こる可能性があります。また過剰に摂取した後は尿が蛍光黄色になりますが、心配する必要はありません。ただし、稀にかゆみやしびれを起こすこともあります。

口角炎の薬(ビタミン剤)

便利屋 岐阜
便利屋を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

事務服 ベストスーツ
事務服のベストスーツなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!