リン酸ピリドキサールのページです。

リン酸ピリドキサール

リン酸ピリドキサール補酵素型のビタミンB6です。身体の新陳代謝を円滑に進めるために必要となるビタミンB6を、食事からの摂取では足りないという場合に用いられることが多いです。

ビタミンB6が不足していることによって湿疹、口角炎、皮膚炎、末梢神経炎などが生じている場合でも効果的です。ビタミンB6は、身体の新陳代謝を円滑に進めるために欠かすことのできないビタミンです。

主にアミノ酸の代謝に関与する物質で、具体的にはビタミンB6の欠乏によって口角炎、口唇炎、口内炎、湿疹、アトピー皮膚炎、末梢神経炎などが引き起こされます。成人している日主成分として、10〜60ミリを1〜3回に分けて飲みます。

治療を受ける際の病気や症状、年齢によって飲む量が減りますが、ビタミンB6依存症だと飲む量がさらに増量することもあります。飲み忘れた時は飲まずに、一度飛ばして次に飲む時間から飲むようにしましょう。一度に2回は飲まないようにしてください。

食事では酵母、胚芽、レバ−などにビタミンB6は多く含まれているので、食事からの摂取も心がけるようにしましょう。副作用は発疹、悪心、食欲不振などの症状が出ることがあります。このような症状が出た場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

稀に筋肉の痛み、脱力感、手足のしびれなどが起こることもあります。新生児や乳幼児に大量に用いた場合、下痢や嘔吐、稀に筋肉の障害として横紋筋融解症が起こることがあるので、服用には注意が必要です。

口角炎の薬(ビタミン剤)