抗生物質のページです。

抗生物質

口角炎はビタミンの補給の他にも、口角炎の原因を考えた上でそれに対する原因治療を行います。ほとんどの場合はステロイドを含まない抗生物質の軟膏で治療されます。小児によく見られるブドウ球菌による口角炎の場合でも、抗生物質の軟膏が用いられることがほとんどです。

抗生物質は、微生物や細菌の増殖を防ぐために用いられる物質になります。病気の原因となる細菌は野生の動物と同じように、自分のテリトリーに他の菌が入ってくると栄養素を取られないように相手を攻撃します。その時に出す物質が抗生物質で、これにより強力にした薬として人間の体に活用して、病原菌と戦わせます。

なお菌には有効ですが、ウィルスには効果がありません。口角炎の炎症がそれほどひどくない場合であれば、抗生物質による治療で治すことが出来ます。しかし口角炎の原因は検査をしても分からない場合などもあります。

様々な原因が重なり合ってできるのが口角炎となるので、原因を追究するのが難しいのです。しかし皮膚科に行って、抗生物質の軟膏を塗布することで完治する場合がほとんどでしょう。

抗生物質の軟膏を塗っても効果が見られない場合などは、薬が変更されることになります。また、抗生物質によりカンジダ等の細菌を抑えることは可能ですが、長期利用によって菌交代現象が起き、その結果悪化することもあります。菌交代現象とは投与した抗生物質により、耐性がある菌や他の菌が増殖して悪さをしたりする現象です。

口角炎の薬(軟膏など)

抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐をお考えならおしゃれで機能的なsun&beach!

ウェディングドレスレンタル
http://www.ozoz.co.jp/