ステロイド剤のページです。

ステロイド剤

口角炎にはステロイド軟膏も治療に用いられます。ステロイド剤は副腎皮質ホルモンというホルモンの一種で、副腎という内臓から出るホルモンを用いた薬です。副腎が正常であれば誰でも出るホルモンで、様々な薬効を持っています。

主な薬効は炎症を抑えたり免疫を抑えたりするのが有名で、特にアトピー性皮膚炎にはよく用いられる薬です。また喘息の場合は気道の炎症なので、ステロイド剤を飲む、吸入するなどで気道の炎症が改善し、喘息症状が和らぎます。

しかし通常は必要な量だけ副腎からステロイドが出ますが、薬として使うとこの分は余分なステロイドとなり、これが様々な害となりますので十分な注意が必要です。口角炎の治療の際にも長期使用により、悪化させる危険性があります。

市販品に関してはステロイド剤と明記しているものは無く、「合成副腎皮質ホルモン剤」として表記されています。またステロイド剤はきつい薬になるので効き目もよく、これを塗るとすぐに治ることが多いですが、ステロイドをやめるとまた口角炎ができる…という悪循環が起こる場合もあります。そのような場合は一度薬を中止して、自分の身体を見直すようにしましょう。

ステロイド剤に頼ってばかりでは根本的な治療にはなりません。根本的な原因を見つけなければ口角炎は再発を繰り返してしまうことが多いので、自分の体に足りていないものは何かということを見直して、気付いたことがあれば見直していくようにしましょう。

口角炎の薬(軟膏など)

白衣 購入
白衣の購入なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!